脱毛エステ表情
ホーム > 引越し > 単身引越しの方法はどんなやり方があるのか

単身引越しの方法はどんなやり方があるのか

単身引越しの方法はどんなやり方があるのか


引越しには色々な方法があります。まず思い浮かぶのが「引越し業者」、そして費用を節約したい人は「自力」を思い浮かべるかもしれません。また、ある程度引越し業界を知っている人だと「軽貨物運送業を営む個人事業主で組織される協同組合」である「赤帽」を利用するかもしれません。ここではそれぞれを項目ごとに比較し、「単身パック」、「短距離と長距離」といった項目についても考えて行きたいと思います。


・それぞれの方法と相場 

まずはそれぞれの相場とメリットデメリットをあげて比較していきたいと思います。


引越し業者

費用:15,000円~100,000円

メリット:

大人数なので早い

業者に頼むので疲れない

家具や部屋を傷めないように養生がある

梱包費用が含まれている

デメリット:

頼む業者によって費用差が大きい

予約が取れない時期がある


自力

費用:5,000~15,000円

メリット:

自分のペースで思いついたときに出来る

計画にミスがあった場合でも修正がしやすい

費用が安い

デメリット:

1人でやる場合時間がかかる

梱包する場合購入や手配の手間が多い

家具や内装などを破損する可能性があり保証がない

1人で行う場合かなり疲れる


赤帽

費用:10,000~20,000円

メリット:

引越し先が近い、もしくは荷物が少ないと安く済む

移動の際に乗り込んで一緒に移動することが出来る

業者に比べてフレキシブルに時間を使える

デメリット:

トラックが大きくないので多くを積むことができない

梱包を自分で行うので購入費、手間がかかる

作業員の質にあたりはずれがある

破損した場合保証などはない


メリットデメリットは上記のようになりますがある程度広く家財破損のリスクを考えた場合業者に旗が上がりそうです。自力でやる場合、結局レンタカーで軽トラックを借りて荷物を積んで移動することになるので疲れますし、慣れない車での移動は危険もあります。友人が多く手伝ってくれる人がいる場合自力でもいいかもしれませんが、そうでもない場合で、どうしても費用を抑えたい人は赤帽を利用するのもいいかもしれません。業者を利用する場合に利用金の差が業者ごとにあり選ぶのに苦労するかと思います。安い業者を選びがちですが業者選びにはポイントがあります。1つ目は見積もりの正確さです。最初に引越し業者に依頼したとき営業マンが見積書を作成します。見積書の中には作業項目と価格が記入されています、そこに記入されている作業項目はそのまま現場での指示書と同じ意味を持ちます。営業マンは仕事を取りたいのでその場でサービスといいながら巧みに自分のところを使ってもらうように流れを持っていきます。その場で言われたサービス内容がちゃんと見積書に書いてあるかがポイントになります。書いてない場合、現場に行ったときにその指示内容を聞いていないということになり、トラブルになる可能性があるので見積もりの正確さを見て業者を選ぶことも必要です。次にポイントになるので破損、紛失の可能性について営業マンがどのように対応するかというところになります。営業マンの方と話す機会がある場合家財などの破損した場合どのように対応するかというところを明確にしておいたほうが賢明です。引越し業者をやっている場合どうしても避けて通れないのが家財の破損です。信用の置ける引越し業者の場合大抵保険に入っており、それを使うことで保証されています。しかしあまりにも小さい業者や信用の置けないような業者の場合保険を持っていない場合が往々似してあります。この質問をしたときに営業マンから「保証があるので問題ありません」という言葉がでれば信用の置ける業者と考えて問題ないでしょう。


・単身パックについて 

単身パックは単身者の荷物が少ないことを利用したプランで単身者向けの専用コンテナを利用して荷物を輸送するプランです。他の依頼者の荷物も一緒に運ぶのでその分人件費、機材費、燃料費などを節約することでコストダウンを図っています。見積もりもWEBや電話で可能なので管理における人件費も節約していると考えられます。


SGムービング 1カーゴプラン

カーゴの大きさは、内寸で高さ145cm、幅100cm、奥行75cmのスペースに入ればご利用いただけます。


ヤマトコンビニエンス単身引越サービス

単身引越:12,000円~

単身引越ミニ:11,000円~


日通単身パック

単身パックS:15,000円~

単身パックL:16,000円~


ハトのマークの引越センター

小鳩パック:23,000円~(東京)

小鳩プチトラパック:11,000円~(同一市区町村内)


単身パックは料金が安いので荷造りは自分でやる、梱包材有料、荷物がオーバーした場合などに追加料金が必要などの場合があります。


・近距離と長距離の違いについて


現在、単身パックの場合基本的に長距離対応しており特に追加利用金なしに利用することができます、しかし対応していない業者もあると思いますので確認してから利用するようにしてください。


ヤマトコンビニエンス単身引越サービス

・日通単身パック

・小鳩プチトラパック


上記の業者は長距離輸送でも基本料金でカバーしています。